商工会議所の経営相談

各地の商工会議所や商工会では、毎月定例の経営相談会が開催されています。金沢商工会議所でも、毎週のように経営や法律の専門家による定例経営相談会が行われており、私も毎年、4月と5月に経営分野の相談を担当しています。

 

通常、1件当たり30分程度の窓口相談では、病院の初診外来と同じでヒアリングによる状況の把握を行い、その後の処置についてのアドバイスまでになります。

たとえば病院では、「このところ、胸が苦しくることがたびたびある」という患者さんについては、まず

 

①症状
②頻度や程度
③過去の病歴・手術歴
④現在治療中の疾患や服用中の薬

 

等をヒアリングしますね。そのうえで、生活環境やその他の付随する様々な事情を質問し、問題となっている症状の原因を絞り込んでいきます。
そしてそれらの問題点が明らかになった段階で、

 

  ①レントゲンなどの必要な検査の受診
  ②結果を踏まえての専門科の受診

  ③専門科の医師による治療(手術や投薬など)

 

というステップにつなげていくわけです。

 

経営相談も同じで、まず相談会で事情を把握したうえで、次のステップにつなげていきます。今回の相談会でも、30分という限られた時間内でヒアリングを行い、問題点と課題を抽出したうえで、次のステップをアドバイスさせていただきました。その後は、症状に応じて各種の公的支援制度につなげていくのです。

「たった30分の無料相談で何ができるの?」と懐疑的な方もおられますが、まずは初期の問診が大切だということですね。

 

かが経営コンサルティング   〒922-0436

石川県加賀市松が丘1-9-12

TEL/FAX 0761-72-7357

携帯/090-1313-6306   MAIL:hirano@kagacable.ne.jp

ご挨拶

講演風景

ブログ

地域経済を元気にするためのヒントを、人との出会いと経営学の2つの視点から考えるブログです。(~H25年1月の記事まで掲載)