画像をクリックしていただくと、その画像が拡大します

 

平成28年12月10日(土)

先月から始まった『創業塾』もいよいよ最終回。受講された皆さんの中から、7名の方がそれぞれの「思い」をファイナルプレゼンテーションとして発表されました。

事業を始めるためには、まず知識と経験を積み、さらに情報を収集し発信することが大切です。『創業塾』では最後の仕上げとして、「自分の思いを人に語る」経験をしていただきました。そして参加者がお互いに感想やアドバイスを交換するという、双方向のファイナルプレゼンテーションを目指したのが、今回の『創業塾』の特徴です。

参加された皆さん、そしてこの塾を支えてくださった多くの皆さんに、心から感謝し、御礼を申し上げます。皆さん、ありがとうございました!

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年12月3日(土)

『創業塾』第3講となる今回は、「情報の収集と発信で顧客を広げる」というテーマで学びを行いました。

近年ではホームページやブログだけでなく、FacebookやTwitterなどSNSと呼ばれるコミュニケーションツールも情報発信の手段として注目を集めています。しかし、情報は発信するだけでなく、収集することが大切。市場調査や顧客の満足度調査のように、まずは社会で「何が求められているか」をしっかりと把握することです。

今回は、特別にゲスト講師として、(株)ガクトラボ仁志出憲聖社長をお招きし、学生時代に起業して以来、企業と学生のマッチングを通して、就職活動でのお互いのミスマッチを少しでも減らそうという熱い「思い」を語っていただきました。会場からもいろんな質問が飛び出し、参加された皆さんも先輩起業家から大きな刺激をもらえたようですね。

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年11月26日(土)

『創業塾』第2講のこの日は、「事業に必要な知識を学ぶ」というテーマで実施されました。

ビジネスにとって成功させたいという「思い」は必要不可欠ですが、それだけではただの「夢」に終わってしまいます。会計や法律、そのほか事業に必要な知識をしっかりと身に着けたうえで、「思い」のこもった事業計画を立てることが、夢を実現させるためには一番大切なのです。

この日は日本政策金融公庫北國銀行の創業支援の担当者も応援に来てくださり、創業を考えている参加者の皆さんにとっては、とても心強く感じられたのではないでしょうか。

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年11月19日(土)

野々市市商工会が主催し、野々市市や9つの金融機関で構成する野々市市創業支援ネットワークが協力する『創業塾』がスタート。全4回のシリーズで、私が全日程の講師を務めることになりました。

この『創業塾』の特徴は、起業を志す社会人と、大学生たちがともにビジネスの基礎について学びあうというもの。会場となった金沢工業大学のアントレプレナーズラボには、社会人の皆さんのほかに金沢工業大学の学生さんたちも参加。第1講のこの日は、「創業のビジョンとビジネスモデルを明確にする」というテーマでお話をさせていただき、その後はグループワークでお互いの「思い」を交換し合いました。

 

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」 

『創業塾』の内容は、下記のチラシをクリックでダウンロードしてご覧ください。

H28『創業塾』チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1'013.6 KB

平成28年10月22日(土)

石川県中小企業診断士会が中小企業庁から委託を受けて開催する『創業スクール』が今年も開催され、トータル21講座、26時間にも及ぶセミナーが始まりました。

私は昨年に引き続いて第1講の講師を務め、「事業のビジョンを明確にする ~ビジネスプランを作成しよう!」というテーマでお話とグループワークを担当させていただきました。

 

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年8月25日(木)

金沢市が主催する『若手社員活躍セミナー』が開催され、私がコーディネーター・講師を務めさせていただきました。

人材不足に悩まされる地域の企業が増えている現在、打開の鍵は、若者がいきいきと働ける職場を作り、早期離職を防ぐこと。

そんな現状を改善するため、採用後3年以内の若者の早期離職を防ぎ企業の活力を高めることを目的に、企業経営者や人事担当者を対象に、人材育成を考え若者の早期離職を防ぐためのセミナーとして開催されたものです。

当日は、企業の経営者や人事担当者が多数参加され、グループに分かれてのディスカッションでも、お互いの情報や知恵を交換していました。

その様子は新聞にも取り上げられ、社会的な関心の高さを感じました。

  

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年7月27日

羽咋市商工会では経営に関する悩みを持った皆さんを対象に『経営 に役立つ入門講座』を全4日間の日程で開講。第1日の講師として、「事業のビジョンを明確にする」というテーマでお話をしてきました。

当日は創業・第二創業を希望しておられる方も含めて20名近い皆さんが参加。若い方からシニアの方まで年齢も性別も、そして業種も様々な皆さんが、本当に真剣な様子で2時間半の講座に参加され、羽咋市の皆さんの熱気を感じました。

 

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年6月24日

石川県立小松北高校(夜間部)の生徒の皆さんを対象に進路講話が開催され、「熱い思いが未来を拓く!」というテーマでお話をしてきました。定時制高校ということで様々な生徒さんがおられますが、皆さん熱心に話を聴いてくださいました。

講話の後は面接指導。今年就職試験を受ける生徒もおり、真剣な様子で実戦練習に取り組んでいました。高校生の就職活動も、7月1日に求人票が公開されて本格的にスタート。若い皆さんが希望する進路を実現できるよう、私も応援しています。 

 

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年6月17日

(株)明石合銅は、石川県白山市に本社のある県内でも注目されているモノづくり企業。平成18年には、中小企業庁から「元気なモノ作り中小企業300社」に選定された会社です。おもに鋼に銅合金を接合する技術によって、2つの金属の長所を持つ理想的な油圧ポンプ用シリンダーブロックを製造し、高い国内シェアを誇っています。

その(株)明石合銅が創立70周年を迎え、新社長のもと新たなスタートを切るため、200名近い社員全員が参加する「全体研修会」を開催。「良い会社とは?」「良い上司とは?」「良い仲間とは?」といったテーマでグループ討議と発表会を行いました。

この研修会の実施に当たっては、私もお手伝いさせていただくことになり、4月以来何回か同社を訪問し、中心となる実行委員の皆さんと一緒に準備を進めてきました。

当日は会場からあふれるほどの大勢の皆さんに圧倒されましたが、実行委員の皆さんのご活躍で、200名近い社員全員が参加するグループ討議というビックプロジェクトは大成功。これからの同社の素晴らしい未来が見えてくる思いでした。

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

明石合銅のご紹介はここをクリック → 「燃える火は太陽かもしれない」

 

平成28年6月2日

石川県商工会連合会が、各地の商工会で経営指導員として活動しておられる皆さんの支援能力を高めるために、今年度新たにOJT研修として実施する『スーパーバイザー事業』(小規模事業者経営力向上支援事業)がスタートしました。

これは、スーパーバイザーとよばれる専門家が各商工会の経営指導員の定期巡回に同行し、さまざまなアドバイスを行うこと、中小企業の皆さんへの経営支援力を向上させていくという事業です。

 

私もこのスーパーバイザーとしてこれから2月までの9か月間にわたって、皆さんとご一緒させていただくことになりました。その第1回のミーティングが開催され、今回の事業に参加される経営指導員の皆さんと顔合わせを行い、いよいよ事業がスタートです。参加者は日ごろから地域の商工業者の方々のサポートをしておられる経営指導員の皆さんで、私もこれからご一緒できるのが楽しみです。

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年3月28日

寒い季節もようやく終わり、ようやく春のうららかな日差しを感じられる季節になりました。

そして春といえば進学や就職の季節。とりわけ初めて社会人となる若者たちにとっては、期待と不安でいっぱいの時期ですね。

さて、新たに社会人となる若者たちの不安を払しょくし、職場と仕事に早くなじめることを目的に、金沢雇用推進協議会が会員企業の新規採用者を対象に、『新就職者セミナー』を開催しました。

当日は午前の部を私が講師として、仕事に対するモチベーションを高めるための講義とグループワークを担当。昼食をはさんで午後からの部では、平成27年度の『若手社員フォローアップセミナー』(金沢市主催)でも私と一緒に講義を担当したキャリアコンサルタントの蓑輪紀子さんが、職場でのコミュニケーションに必要なスキルについて講義とグループワークを担当。最後は共催の金沢市の廣田労働政策課長から修了証が交付され、一日を通じて学生から企業の一員としての「脱皮」を図った研修になりました。

 

当日の写真はここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年2月10日

まさに暖冬で、全国的に例年より早く「春の嵐」が吹いたかと思うと、翌日からはまた寒さが戻って雪になるなど、寒暖の差が激しい時期ですね。

さて、こちらは年中「熱い」思いを持ったみなさんが集まって、私がコーディネーターを務めている北陸鉄工協同組合の研修会、第46回『ほっとクラブ』が開催されました。

この『ほっとクラブ』は昨年4月に大幅リニューアルして以来、今回が8回目。今年度の最後となる今回は、特別講師として(株)朝日電機製作所・専務取締役の砂崎友宏さんをお迎えし、また北陸鉄工協同組合事青年部の3名の勇士の皆さんを交えたパネルディスカッションにもチャレンジ。皆さん、緊張しながらも堂々と意見や質問を出しておられましたよ。

当日は、当組合の技術顧問を務めていただいている金沢大学名誉教授の尾田十八先生、そして常務理事の小林靖典・小林製作所社長にもお越しいただき、経営者、技術者、そして営業担当者など会社や立場の異なる様々な皆さんがにぎやかに研鑽を深められました。

 

当日の写真は、ここをクリック → 「写真館H28」

 

平成28年2月2日

11月に1泊2日で開催された金沢市主催の『若手社員フォローアップセミナー』(第2期)に参加した企業の若手社員の皆さんが、3か月ぶりに集まって、事後研修が行われました。

私は第1期に続いてこの研修全体のコーディネーターを務めていますが、久しぶりに見る皆さんの笑顔に、改めて元気をいただきました。

当日は一人ずつ、現在の仕事と将来に対する抱負を「3分間スピーチ」という形で発表。初めて人前でプレゼンをするという人もいましたが、皆さん、それぞれが素晴らしいプレゼンテーションをしてくださいました。またゲスト講師の高村さん(環境循環システム理事)や参加企業から出席してくださった先輩社員の皆さんからは、発表者に対して温かいコメントをいただきました。

終了後は、金沢市労働政策課の廣田課長から修了証を手渡され、全員そろっての記念撮影。皆さん、これからも頑張ってくださいね!

 

当日の写真は、ここをクリック → 写真館H28

 

平成28年1月19日

石川県中小企業診断士会が、平成27年度の事業として石川県商工会連合会から受託した経営指導員対象の『企業診断の実務研修』。そのうち、私が担当させていただいた第3班(サービス業)の報告会が1/19(火)に加賀商工会議所研修室にて開催されました。

今回の実習の診断先をお願いした(株)まちづくり加賀は加賀市でCANBUS(キャンバス)と呼ばれるコミュニティバスを運行しており、加賀温泉郷の観光客の観光地巡りの足、さらに地域住民の足としての役割を担っている会社です。

報告会当日は、新たに同社の取締役として経営に参加されることになった山下正純・加賀市副市長をはじめ、同社の経営陣の皆さんにご出席いただき、今回の研修に参加した各地の商工会・商工会議所の経営指導員の皆さんが、それぞれ担当した部分の発表を行いました。

この研修は昨年9月に開始以来、6回にわたって受講生の皆さんが集まり、同社の経営環境の分析、問題の抽出と今後の課題の検討を行ってきました。私はコーディネーター・講師として皆さんとご一緒させていただいたのですが、私自身、本当に良い勉強をさせていただきました。

 

当日の写真は、ここをクリック → 写真館H28

 

かが経営コンサルティング   〒922-0436

石川県加賀市松が丘1-9-12

TEL/FAX 0761-72-7357

携帯/090-1313-6306   MAIL:hirano@kagacable.ne.jp

ご挨拶

講演風景

ブログ

地域経済を元気にするためのヒントを、人との出会いと経営学の2つの視点から考えるブログです。(~H25年1月の記事まで掲載)